母子の家計簿

2017/11/28

お金のことで迷っている方への参考として、
うちの別居後の大体の家計簿(固定費分)を公開します。

 

家賃 100000
食費 45000
水道 4000
ガス 3000
電気 5500
スマホ 2000
ネット 4500
保育料 40000
貯蓄型保険 40000
合計 244000

 

実のところ、別居前は家計簿つける暇もなかったのですが、
うちでは家賃以外全て私が負担していたので、

「今の状態プラス家賃だけならなんとか払える」

というざっくりした目算だけで家を出ました。

たぶん、こういう家計分担の夫婦は珍しいでしょうね…。
別居の条件としてはある意味恵まれていたと思います。

 

なお、テレビを設置しないことにしたので受信料はなしです
(設置止める方は解約の手続をお忘れなく!
私はうっかり旦那分の受信料をしばらく引き落とされておりました)。

 

あとは、諸々の消耗品や衣類、お出かけなどの雑費が当然出て行きますので、月収30万円はほとんど残りません。

 

それでも、同居時より光熱費などは結構浮いたので、
ちょっと節約すれば生活できるレベル


とはいえ、本当に決断していいか、かなり悩みました。

巷では女性の貧困、母子家庭の貧困がよく取り上げられています。

子供に経済的に苦労をかけるかもしれないというのは、やはり忍びない思いです。

何があろうと働くという覚悟だけは決めて、旦那を置いて出ることにしました。

結果的に、私は今のところ別居生活を快適に送っておりますが、
今悩んでいらっしゃる方は、それぞれのご家庭の経済事情や、家事事情など、色々熟慮していただければ幸いです。